コロラドおすすめアクティビティ

今アメリカ人が住みたい街トップにランクイン!コロラドってどんなところ?

 

ウシ氏
ウシ氏
コロラドって、名前だけはきたことがあるけれど、どこらへんにあるの?
みき
みき
コロラドは、アメリカの中西部にあるよ!

コロラド州は、南から北にかけてロッキー山脈が貫いていて、たくさんの山に囲まれた美しい州です。
日本人の方の多くは「なんとなーく名前だけは聞いたことがあるけれど・・・」という感じの人が多く、テレビや雑誌などでもよく目にするカリフォルニアやニューヨークと比べると知名度はそこまで大きくはありません。

しかし、なんと!コロラド、そしてその首都であるデンバーは、今アメリカでは若者が住みたい街トップ2にランクインするほど人気と注目が集まっている場所なのです!

 

ウシ氏
ウシ氏
え!アメリカ全土で2位!?ニューヨークやカリフォルニアよりもずっと上位なんだね!!
どんなところがアメリカの人たちにとって魅力になってるの?
みき
みき
コロラドには魅力がたくさん!一つずつ紹介しよう!

 

それぞれの魅力についてじっくりみてみましょう!

ビール好きにはたまらない街!街中でブルワリー巡りもお任せ!

デンバーには野球、バスケットボール、アイスホッケー、フットボールと言った4大メジャースポーツのチームが本拠地を構えており、一年中観戦を楽しめる街でも人気です。

みんなでワイワイ楽しみながらスポーツ観戦する時に欠かせないのが、なんと言っても美味しいビール!

実はコロラドはクラフトビールも有名で、ビール生産量は全米ナンバー1なのです!

デンバーの街中には小規模なローカルブルワリーもたくさんあり、ブルワリーを併設したパブも多くあります。中にはビールを片手に無料で工房見学もできるバーなんかも!

また、デンバーは首都でありながら標高が高いことでも知られています。首都であるにもかかわらず標高が1,609 mもあることからマイルハイシティ(1マイル高い街)という愛称で親しまれています。

そんなこともあってか、天気もカラッとしており、年間を通しても300日が晴天というデンバー。最高の天気でブルワリー巡りなんかもオススメ!

 

アートが好きな人にもたまらない街!

ビールや自然でよく知られているコロラド、デンバーですが、アートな一面もあります。

街中にはたくさんの美術館や博物館があるだけではなく、毎月第一金曜日のサンタフェ地区では街中のギャラリーが、なんと無料で一般開放!
普段なかなか足を踏み入れがたいアートギャラリーにも気軽に入ることができたり、ワインやビールを片手に、実際にアーティストの方々と会話を楽しむことができるのです!

また、美術館やイベントに行けなくても、ストリートアートも充実。
ライノ地域はそこかしこにカラフルなアートが!建物の壁、バーの壁画、至る所に写真を取らずにはいられないインスタスポットが多数。

 

アウトドア好きにはたまらない大自然!

クラフトビール、スポーツ観戦、そしてアート・・・

そして、コロラドにきたら外せないのがアウトドア!
最近コロラドに引っ越してくる若者も、ハイキングやキャンプ、スノーボード好きのアウトドア勢がとっても多いのです。

スキーヤーにとっての高級リゾートのアスペン、スノボ好きが住みたい場所でも人気のブレッケンリッジ、アウトドアのメッカとも言われるスノーマス・・・
スキーヤスノボはもちろんのこと、キャンプにコロラド川を降るラフティング、ロープウエーで頂上まで行くことのできるパイクスピークなんかも、気軽にアウトドア気分を楽しめるオススメスポットです。

 


いろんな魅力の詰まったコロラド、日本からの直行便も出てはいるものの、まだ街の中で日本人を見かけることは少ないです。まだ人気が出ていない隠れ家スポットだからこそ、たくさんの人にぜひきてほしいです!

ウシ氏
ウシ氏
コロラドって、すごい魅力だらけだったんだね!
すっごく行ってみたくなったよ!
みき
みき
いろんな魅力の詰まったコロラド、ぜひみんなに来て欲しいな!

ぜひ、コロラドにきたい、旅行のコーディネートをして欲しい、ツアーガイドをして欲しいというご要望だけではなく、コロラドでの取材や撮影の際のご相談など、いつでも気軽にご連絡ください!

コーディネーター、英会話コーチ、投資家
MIKI
世界を旅する中でたくさんの人に親切にされた経験から、異国で新しい経験をしたり新しいチャレンジをする人を応援せずにはいられないガール。 結婚を機に大好きなコロラドに引っ越し、今は最高にパワフルなパートナーと最高にカラフルな毎日に奮闘中!